2010年02月26日

みんなの党、衆院北海道5区補選なら独自候補擁立(産経新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は26日の記者会見で、民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営の選挙違反事件で小林氏に連座制が適用され、再選挙となった場合、独自候補を擁立する方針を明らかにした。

 渡辺氏は「有罪判決が出て失格するのはほぼ確実な状況の中で、補選回避のために議席に固執するのは言語道断だ。補選が行われると小沢一郎幹事長の責任問題に火がつきかねないとの観点から議員辞職をさせない作戦なんだと思う」と民主党を批判した。

 みんなの党はまた、夏の参院選茨城選挙区に会社役員の大川成典氏(45)を擁立することを発表した。

【関連記事】
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ
国家公務員法改正案決定、土壇場まで迷走 「偽装改革」の声も
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表
「人を見る目なかったと反省」 元秘書逮捕で山内議員がコメント

普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
<ブランド米>六本木ヒルズで「龍の瞳」栽培 岐阜・下呂市(毎日新聞)
<寛仁さま>退院し宮邸へ(毎日新聞)
異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否(産経新聞)
クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
posted by ムナカタ トシミツ at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)

 学生が社会人として自立して職業に就けるよう大学、短大の教育課程に職業指導(キャリアガイダンス)が11年4月から義務付けられる。文部科学省が大学、短大設置基準の省令を改正し、25日公布される。

 新規定は「学生が卒業後自らの資質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力を教育課程などを通じて培うことができるよう大学内の連携を図り、体制を整える」との内容。

 職業意識の形成に関した授業を設けている大学などはすでに7割に達しているが、大学卒業生の34・2%が3年以内に離職するといった定着率の悪さや雇用情勢の悪化を受け、09年10月の政府の緊急雇用対策本部の新卒者支援策として制度化が打ち出された。

 各大学が教育理念や特色に沿って対応を図るが、7年に1度受ける認証評価機関による認証評価の対象項目にも位置づけられる。

 文科省は「就職セミナーなど、大学の出口での就職支援は盛んだが、大学入学の入り口の時点から卒業後を意識させ、学ばせるよう取り組んでほしい」としている。【本橋和夫】

無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
3歳女児が変死=全身にあざ、自宅マンションで−福岡(時事通信)
中型犬が校庭侵入 児童5人かまれけが(産経新聞)
松江で民家7棟全焼、女性遺体を発見(読売新聞)
posted by ムナカタ トシミツ at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

夫婦別姓の民法改正案、子の姓は統一…概要提示(読売新聞)

 法務省は19日の同省政策会議で、今国会に提出予定の選択的夫婦別姓制度の導入を柱とする民法改正案の概要を提示した。

 別姓を選んだ夫婦の間に複数の子が生まれた場合、子の姓は夫婦どちらかの姓に統一することなどが盛り込まれている。同省は3月に改正案を閣議決定したい考えだ。

 同制度は、夫婦が同姓か別姓かを選択できるようにするものだ。民主党は野党時代、同制度を盛り込んだ民法改正案を何度も国会に提出。この時は、別姓の夫婦の子の姓は、兄弟姉妹で姓が異なることを認めていた。しかし、法制審議会(法相の諮問機関)は、同制度導入を1996年に答申した際、兄弟姉妹の姓は統一すべきだとの見解を示しており、今回は法制審の答申を尊重することにした。

 改正案にはこのほか、〈1〉別姓選択後の同姓への変更は認めない〈2〉女性が結婚できる年齢を現行の16歳から18歳に引き上げる〈3〉法律上の夫婦の子である「嫡出子」と、婚姻届を出していない男女の子である「非嫡出子」の法定相続分を同等にする〈4〉女性の再婚禁止期間を現行の離婚後6か月から100日に短縮する――ことなどが盛り込まれた。

 夫婦別姓制度の導入について、鳩山首相は16日、「基本的に賛成」と述べたが、亀井金融相が反対するなど慎重意見も多く、政府・与党内で調整が続いている。

死体遺棄容疑で74歳の無職男逮捕 兵庫県警(産経新聞)
日本最高6.45mのひな壇飾り 埼玉・鴻巣(産経新聞)
<千葉・浦安市>サッカーの宮澤ミシェルさんを市教育委員に(毎日新聞)
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声(産経新聞)
花粉シーズン到来 対策グッズが華やかに ファッション性アップ(産経新聞)
posted by ムナカタ トシミツ at 01:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。